HOME >  かつら購入で戸惑わない!男の5ヶ条 >  3、購入フローを理解すべし

3、購入フローを理解すべし

本ページではかつらを購入する場合の手順について、通信販売の場合と店舗や窓口に出向く場合の違いなどについて述べていきたいと思います。

通販でかつらを購入する場合は…

まずは通信販売の場合についてです。ひと昔前であれば、かつらの通信販売という方式自体があまりなく、あってもその品質にはあまり期待できないというのが現実でした。
しかし、現在ではインターネットの普及やかつら自体の品質向上もあり、通販でもまっとうな製品が入手できる時代になっています。

ただし業者選びの際、気にかけておきたいポイントが、ひとつあります。それは、その業者が電話なりEメールなりで、消費者が購入前に相談できる窓口を設けているかどうかです。

そもそも、ひと口にかつらといっても、求めるものは一人ひとり違います。

例えば、薄毛は頭のどの部位からどの部位にかけて、どれくらいの面積で進行しているのか。残っている自毛は、黒毛なのか白髪まじりなのか。そして、どのような髪型になるのが望みなのかなどなど。

それらの相談を踏まえて「おすすめの商品はこれです」としてくれるショップなら、通販といえども信用度は高いと言えるでしょう。

また通信販売の場合はそのシステム故に、既製品あるいはセミオーダー程度のものが大半になります。

常フルオーダーでの依頼は店舗や窓口に出向かなければなりませんが、本サイトが品質・コスト面から1位に選出したメーカー「インクリーズヘアー」では、専用の型取りキットにより、通販でのフルオーダーが可能となっています。

店舗でかつらを購入する場合は…

フルオーダーで製作を依頼する場合はもちろん既製品を購入する場合でも、一番間違いないのは店舗や窓口に出向き、ご自身の目で品質やサービス内容などを確かめた上で購入するという方法です。

その際にはまず、相談を担当してくれるのがどのような方なのかを確かめておきましょう。

接客態度の善し悪しはもちろんですが、かつらの製作にも携わっている方、あるいは理容師や美容師資格を持っている方といった、的確なアドバイスをしてくれる素養をもった方なら安心です。

既製品なら購入者の髪の状態や希望を鑑みた上でおすすめ商品を提案してくれ、フルオーダーの場合は加えて型どりなどを行ってくれるはずです。

なおフルオーダーの場合、メーカーによって多少の差はありますが、概ね1ヶ月程度の時間が必要になります。かつらが急遽必要になった場合でも、フルオーダー品はすぐに手に入るというものではありませんので注意が必要です。フルオーダー品の完成を待つ間は、既製品で急場をしのぐという方法が現実的でしょう。